鷹宰心理療法所のカウンセラーとその家族のお気楽生活

保育園に撮影に行く

保育園に撮影に行く

大変なお役目を仰せつかりました。

 

 

長男・ウゴは現在、保育園の年中さんなのですが、再来年の卒園の為のアルバムの為、私がオフィシャルカメラマンに任命されました。

 

別に腕前がどうこうでは無いのです。

折角買ったデジタル一眼を使いこなそうと頑張った結果なのです。

 

本当にいい時代になったもので、デジカメなので枚数を気にせずどんどん撮る事が出来ます。

上達の為には「ただ撮る」事という訳で、我が家の子供に限らず、保育園の子供達も練習がてら撮影していました。

 

皆さんムービー派のようで一眼でしっかり撮影されている方は少なかったです。

そこで、「折角撮ったのだから…」と撮影した写真をプリントアウトして差し上げていました。

 

 

ええ、販売では無く、差し上げていました。

だって、こんな素人の写真、売り物に等なるはずがございません(笑)

「無いよりはマシか」という感覚です。

 

 

まあ、それでも喜んでいただけた訳で…(笑)

お陰で実力も無いのに、とんでもないお役を拝命するに至った訳です。

 

 

 

ただそうなりますと問題になりますのが、これまでは適当に撮っていたので、好きに被写体を選んでいた事です。

当然ですがウゴと仲のいい子は多くなりますし、上手く撮れた物だけ差し上げていましたので、子供によって枚数にかなり差があります。

そこで園長先生の許可をいただき、この一年、なるべく撮影に行く事にしました。

何といってもプロじゃないので、必ず失敗しますから、今の内から枚数をなるべく多く確保する事にしたのです。

 

 

 

で、本日がその1回目でした。

今日は外での遊びでした。

晴れた日の外は素人でもそれなりに上手く撮れるので、ラッキーでした(笑)

 

 

 

 

何とか上手く凌げますように…(笑)

Comments

comments