鷹宰心理療法所のカウンセラーとその家族のお気楽生活

アセンション=コロナ⁉

NO IMAGE

スピリチュアリストの間で、以前から言われていた今年にあるというアセンション(次元上昇)。

セッション中にも話題に出る事がありましたが、私はどうにも好きになれません。

何故なら「分かっている人やライトワーカーのようなスピリチュアリストだけがアセンションする」みたいなところがあるからです。

「本当のライトワーカーなら、残ってアセンション出来ない人を助けろよ」と思ってしまうのです。

私が現在のポジションで「裾野を広げる」活動をしている事からも余計そう思ってしまいます。

で、最近思うのです。この新型コロナウイルスの騒動こそがアセンションじゃないかと。

この騒動の前後では物質重視の文化から精神性中心の文化に変化しているように思います。

例えば、活動の自粛にしても、きちんとやっている人は友達や家族の事を考えているのだと思います。

自分の事しか考えていない人には、自身や大事な人がコロナに罹患し、大変な目に遭うというペナルティがあるかもしれず、結果的に精神性や行動の変化等が起こる可能性があります。

分かっていても仕事であったり、家族の生活がある為に従来通りの活動を続ける必要がある方には正当性があると思います。

この部分に関しましては、その人個人どうこうではなく、社会が物質から精神的に変化する部分かもしれません。

政治なんかもそうですが、惰性で続いている物のメッキが剥げ、いい物、悪い物の差が明らかになり、人は考え、精神性の高い判断、行動をとる。

とにかく言える事は、世界が精神性が高い状態で存続するという事です。

今後、長い時間をかけて政治、仕事、文化、人生観、家族観、夫婦観などが大きく変化していく筈です。

最終的には良くなると思いますが、過渡期は別です。

「コロナ離婚」なんて言葉が出てきたように、いい物がいい世界=悪い物は悪い世界になりますから、極論では「天国」と「地獄」のように精神的な格差世界になるのだと思います。

という事は悩む人も多くおられる事になりますから、やはりライトワーカーやスピリチュアリストは今後このポジションで寄り添う事が肝要かと思います。

まあ、実際のアセンションがコロナの事なのかは分かりませんが、私は最近はそんな事を考えている訳です。

 

 

Comments

comments