鷹宰心理療法所のカウンセラーとその家族のお気楽生活

アプリの「お薬手帳」は駄目すぎる

NO IMAGE

今回のスマートフォンの故障で分かった事です。

私は近所のスギ薬局のアプリ用の「お薬手帳」を愛用していました。

家族全員の分を常に携帯出来る事やスマホから処方箋を送付出来るので便利でした。

ところが、暫く行ってないうちに今年の2月で終わっていました。

あれだけ押していた本業に関するサービスを3年足らずで放棄するとは

何ていい加減な企業なんだ、スギ薬局!

仕方無いので、後継に指定された他社の「お薬手帳」に移行しようとしたのですが、

旧手帳からデータをエクスポートしないといけない糞仕様。

指定フォルダにデータを退避させて、別のスマホに移動してフォルダ指定して読み込むなんてPCなら何て事無いですが、スマホではそんな面倒な仕様に出会った事は無いです。

グーグルのように新機種でログインするだけでデータ引き継ぐ仕様にしないと…。

そのレベルでないと普及しませんよ。

しかも、dアカウントからログインしようにも、その場所が見当たりません…。

サポートに確認したら、

現在はログインできない仕様になったとのこと。

と、いう事は何か?

現在、問題無く使えている人でも何らかの理由でログアウトしたら、二度とデータにアクセスできなくなるというのでしょうか?

店頭掲示のポスターやサイトには、(機能制限は匂わせていますが)、

2月以降も引き続きご利用いただけますとはっきりと記載されています。

繰り返します。

何ていい加減な企業なんだ、スギ薬局!

個人情報の中でも特に命に関わる大事な薬に対するこの企業の姿勢がこれです。

とても処方箋を扱っていい企業ではないというか、本業をなめてますね。

とりあえずは、

スギ薬局の「お薬手帳」を利用されている方、至急にデータをエクスポートした方がいいです。

 

後継のアプリは使いにくかったので、他のを探してみました。

するとドコモ等キャリアが共通の「お薬手帳」アプリをリリースしている事が分かりました。

ドコモ版は「お薬手帳 Link」というのですが、ダウンロードしてみて驚きました。

スギ薬局に処方箋を送信できない事と色以外は、スギ薬局の「お薬手帳」と一緒だったからです。

dアカウントでログインする仕様も同じ…。

ここでピンときた方おられます?

そう。

dアカウントは基本的に一人1つ。

つまり、

ドコモのサーバーにこれまでの家族分の薬のデータがしっかりバックアップされていたのです。

アプリにも連携らしい項目がありましたが、データが落ちてきません。

今度はドコモのサポートに問い合わせると、

「医師が複数のお薬手帳のデータをまとめて閲覧できる機能」

との事。

一人で複数の「お薬手帳」を使い分けている人なんているのでしょうか?

結局、サーバーのデータは取り出しようが無いという結論です。(ドコモには改善を要望しました。)

他社のアプリ版「お薬手帳」も似たようなデータをエクスポートする形式なので、連携が極めて悪く、互換性なんて無いも同然です。

しかし、思うのが何故、スギ薬局は後継のサービスを同じデータを使うドコモの「お薬手帳 Link」にしなかったのか?

ここを連携しておいてくれれば、誰しも新しいアプリでログインするだけで簡単に移行できるのに…

まあ、おそらくは「dアカウントのドコモに払う使用料が高かったのでは」と勘ぐってしまいます。

事実は闇の中ですが、もう少し顧客目線で考えてくれたら…と思います。

最終的に私が家族全員分の紙の「お薬手帳」を全て手入力で「お薬手帳 Link」に入力して、この件は終わりです。(バックアップ用に紙の「お薬手帳」も併用していてよかったです。)

結論としては、

紙の手帳が最強

です。

ただ、「お薬手帳 Link」は、他キャリアとの連携もある事から、サービス終了は当分の間無いと思いますし、他の手帳に移らない限りは、今回のようにスマホが故障し起動しなくても、新しい端末で「お薬手帳 Link」にログインすればデータ(「お薬手帳 Link」用データ)が自動的に入るはずなので、今回は入力を頑張りました。

これからアプリ版の「お薬手帳」を新たに始められる方は、「お薬手帳 Link」のように各携帯キャリアリリースのアプリを使っておいた方がいいかもしれません。

 

Comments

comments