鷹宰心理療法所のカウンセラーとその家族のお気楽生活

太陽光発電 実は今がラストチャンス

NO IMAGE

小泉環境大臣の発言で注目の太陽光発電なのですが、以前に比べメリットが無くなったと言う人もいます。

実際の所はどうなのでしょうか?

答えを先に言ってしまうと、屋根に載せられる人は出来るなら載せた方がいいです。

ここで言っているのは、家庭用の屋根に載せる太陽光発電システムの事で、野立ての産業用の太陽光発電ではありません。(そちらは詳しくないので。)

では、まずメリットが無くなったと言われる点ですが、これはFIT価格と言われる国による太陽光発電で発電した電気の買い取り価格保証が関係しています。

これは各家庭の電気料金に上乗せされている再生エネルギー賦課金が財源になります。

FIT制度とは、契約価格にて10年間買い取る事を保証した制度です。

スタート時に契約した方は、およそ1KW40円という通常の電気料金で10年間買い取ってもらえました。

このFIT価格、太陽光発電の普及に合わせてか毎年見直され、大体毎年3円程度ずつ下がってきています。

一方、当所が昨年契約した際のFIT価格は1kw21円、今年2021年は1kw18円と当初の買い取り価格の半分以下になります。

太陽光発電を導入した際の収益は、このFITによる買い取り以外ありませんので、「メリットが無くなった」と言われる訳です。

確かに「収入」は半分以下になりましたが、実は反対に「支出」が大きく下がった事は知らない人も多いでしょう。

太陽光システムは立地た屋根の形状や大きさ等が関係するオーダーメイドなシステムになりますので、単純に比較する事は難しいですが、例えば、当所位の約4kwのシステムの場合、10年前は300万円以上する事もあったようです。

でも現在なら同じ4kwなら100万円以下、交渉次第ではもっと安くする事も可能です。

つまりはこういう事です。

10年前は機材が高額だっだ為に高い価格で電気を買い取って貰ってせっせと返済していた。

現在は機材が安くなったので、せっせと返済する必要が無くなった。

価格の下落、高額な時とのローンの金利差、さらにパネルの保証の柔術や性能の向上等、こういった要因が今、導入を検討する理由になります。

また、最近のニュースにもありましたが、今後の電力不足や価格高騰の予想等もあり、それなりの価格で安定して供給される事が確実な保証はありません。

つまり太陽光発電システムは、将来的な財産になる可能性が高いという事です。

で、何故、今がラストチャンスなのかといいますと、FITはさらに下落して、いずれ終了するからです。

よく「太陽光発電の収支を考えるなら、10年以内に投資費用を回収しなければならない」と言われます。

何故ならFIT終了後の買い取り金額は6円~9円、場合によってはそれ以下の可能性もあります。

という事は、FIT制度が無くなった場合、費用の回収が難しくなるおそれがあるという事です。

またパネル等の機材が底なしに値下がりする訳がなく、工事費用も当然かかります。

そう考えると、ここらが限界という主張もお分かりいただけるかと思います。

ちなみに当所は、「あしたでんき」という東電のグループ会社から1kw21円で買電しています。

そうなんです、厳密には消費税や再生エネルギー割賦金等もあるので完全な同額ではないのですが、買電、売電共に21円なんです。

前年(2019年度)はFITは24円だったので、当所の場合では、去年が丁度分岐点で、もし今年の契約の場合なら、初めて売電価格が買電価格を下回る自体になっていたのです。

このFIT価格は10年間の固定ですから、3円でも大きいです。

パネル等の機材価格の下落がそろそろ限界である事、毎年のFIT価格の下落買電価格との乖離が進む事等(2022年はたぶん1kw15円)、これから条件は厳しくなる一方です。

ちなみに2021年のFIT価格(1kw18円)が適用される締め切りは各地域の電力会社によって異なりますが、東電は9月、関電は10月位だったと思います。(変更されている可能性もありますので、ご確認下さい。)

締め切り前は駆け込みでの申請も増えますので、余裕をもって申し込んだ方がいいです。

Comments

comments