鷹宰心理療法所のカウンセラーとその家族のお気楽生活

ラムチョップ・ステーキ

NO IMAGE

朝、おこたんから少し目を離すと、おこたんの分身である(おこたんは未年の牡羊座なのだ)「ひつじ」人形が無残にも、グリルに挟まれていた。

おこたん、ラムチョップ・ステーキ作るのか?

ちなみにこの「ひつじ」さん、先月には買ったばかりのおまる(新品・未使用)の中に俺に詰め込まれたりと最近は受難の日が続くのだ。

話は変わって、例のプロバイダー問題。
経費削減の為にレンタルモデムを返却して購入する事にしたのだが、どれを買えばいいのか分からない。
そこで接続業者とプロバイダー、それぞれのホームページで確認、NECアクセステクニカの3機種が使える事が分かった。

そこでネットで探したのだが、その3機種は何故か既に製造中止になっていた。
しかもそのスペックは、MAXで8M。
俺の契約コースは24Mなので、「本来の速度が欲しかったらレンタルモデムを使え」という事なのだろうか?
現行では50Mコースしか募集していないようで、そのコースはレンタルモデムしか使えないようだから、遅い契約のユーザーはどうでもいいのかもしれない。

ちなみに我が家のADSL速度を測ってみたら2M程度だった。
以前は4Mぐらい出てたのにな。
利用接続業者は、速度制限をかけるという噂の業者なので、50Mコースを新設してからさらに厳しい速度制限をかけたのか、パソコンのOSを「Windows me」から「Windows2000」に変えた位しか理由は思いつかない。
まあ実測2Mなら、どれだけ状況が改善された所で8MのMAXでも大丈夫だろう。

幸い、ヤフオクに中古で対象機種が出てたので落札。
早速、接続を試みるが、なかなかうまくいかない。
まあ後日、日呂屋庵(ひろやん)に教えて貰おうと思う。

そんな中、今月限りでモデム返却出来るように処理する。
プロバイダーにメールで問い合わせると、次の日、

「レンタルモデム以外お使いいただけません」

とのお返事。
何?
という事は、8MのMAXモデムしか許可してない理由は、8Mコースまでしか自前のモデムが使えないという事に違いない。
そこで翌日、

「じゃあ、自前モデムが使えるコースに変更しますので、どのコースが使えるのか教えてください。」

とメールを書いた。

その翌日のお返事。

「申し訳ございませんが、現在はレンタルモデムのコースのみとなっております。ご理解下さい。
お客様がご用意されたモデムをご利用いただく事は可能です。
ただレンタルモデムは、お手元に置いておいて下さい。
レンタル料もかかります。

何?
そんな事言われても、納得出来る訳が無い。
別に無理に出来ない事をやって欲しいと我侭を言うつもりは無い。
基本的にプロバイダーのサポートの電話はなかなか繋がらないので、まずはホームページのQ&Aのコーナーを見てそこで確認して解決しない場合のみサポートに問い合わせる、お約束になっている。
今回はその Q&Aに相当する「よくある質問」のコーナー、しかもその接続業者専門のページから得た情報なのだ。
別に俺が独り走りした訳では無い。

そのページには、ポイントになる箇所が2箇所ある。
まずは「どんなモデムを用意すればいいですか?」という質問に対して先述の通り、具体的な機種名を指定して返事してある。
もう一つのポイントは「(業者名)でのモデムレンタルを希望される場合は…」という記述がある。
「希望される場合は…」という事なら「希望しなくてもいい」訳で選択権はユーザー側にある事になる。

つまり、このページには、「モデムは自分で用意しても借りても良いが、買う場合はこの3機種しか動作保証しませんよ」という事が書かれているのだ。

この記述を読んで「ご理解下さい」では話にならない。
なぜなら、いい加減な情報をホームページで公開していた事になるからだ。
俺はすぐに抗議の内容のメールをプロバイダーに送った。
その返事は、

「お返事にお時間を下さい」

との事。

そして今週の月曜日、担当者から謝罪の電話がかかってきた。
全面的に向こうの非を認めて謝罪してきたので、それはこれ以上突っ込まない事にする。
プロバイダーが言うには接続業者との契約の関係上、レンタルモデム以外は利用出来無いという。
それもおかしな話だが、まあ契約がある以上、気に入らないならプロバイダーなり接続業者をこちらが変えるのが筋だろう。
俺は業務用ホームページの関係上、プロバイダーも変えたくないし、一日でもネットが止まれば困った事になるので、この件は了解した。

ただモデムを買った件は別である。
プロバイダーはいい加減な情報を提示した以上、その責任を取らなければならない。
それについて担当者は
「上司に相談してその金額相当をお返し出来ないか検討します。」との事。
「別に数千円程度の話だから」と言っておいた。

そして本日、担当者から電話があった。
「上司と相談しましたが、コース基本料、2か月無料ではいかがでしょうか?」と。
2か月分といえば7,000円相当だ。
俺が使ったのは1か月分相当なので多い位だ。
「不足なら再度検討いたします。」
「いや、充分過ぎます。」
「それは大事なご指摘いただいたお礼です。」
その後、お詫びと感謝のコメントを何度も言われた。
先日の事故の件もそうだが、「いい人でよかった」なんて感謝されるのは変な気分だ。
世の中にはそれだけ誰かのミスにつけこみ金銭を要求する輩がいるのだろう。
俺は先に中古で買ったので数千円程度と言っておいたので、解決も早かったのだろうな。

俺が買った中古モデムは、こっちで処分する事になった。
捨てるのも勿体無いので、ヤフオクで売る事にしよう。
結局、それが売れたら全部で1万円程度が手元に入る事になる。
1年半以上のモデムレンタル料相当額が無料になった、もしくは中古で無線LANシステム一式をもらった(ヤフオクではそれ位で買えるから)と考えるなら、充分に経費節減という当初の目標は達成出来た事になる。
苦労した甲斐があったというものだ。

Comments

comments